優香の大量エロ水着画像まとめ

優香 身長:157 cm

スリーサイズ:87cm – 59cm – 85cm

カップサイズ:Fカップ

27 優香の大量エロ水着画像まとめ 最新巨乳グラビア高画質画像ヤングマガジンヤングジャンププレイボーイヤングアニマルヤングガンガンブブカエンタメEX大衆の過激水着写真集DVDエロ画像

優香(ゆうか、1980年6月27日 – )は、日本のマルチタレントで、
90年代に活躍した元グラビアアイドル。本名、青木 広子
1997年(平成9年)3月27日、池袋駅近くのピーダッシュパルコ前でスカウトされた。 デビュー当初は、ホリプロ初のグラビアアイドルとして話題となった。
デビューから各種雑誌の表紙などを席巻し、グラビアクイーンとして人気者になる。優香の成功により、イエローキャブの全盛期であったグラドル界に新風が吹き込み、
これをきっかけとして他の芸能事務所もグラビアアイドルを育てる流れが生まれた。ホリプロも、優香の妹分として翌年に堀越のりをデビューさせるなど攻勢を続け、
積極的にグラビアアイドルを売り出すようになった。
1998年(平成10年)、当時のホリプロ所属のアイドル達で「HiP」というユニットを結成。優香は初代メンバーとして参加し、
後に2代目リーダーとなった。また、同年にマツモトキヨシで初CM。
1999年(平成11年)秋にはジョージアのCMで飯島直子と共演し、ブレイク。この頃「癒し系」という言葉が浸透し、癒しブームの先駆けと言われている。
これがターニングポイントとなり、以降はテレビのバラエティ番組やCM中心の仕事にシフトチェンジしていった。そして他のグラビアアイドルもこれを追うようにCMに進出していく流れが生まれた。
1999年(平成11年)春、堀越のり・吉井怜・唐沢美帆との1ヵ月の期間限定音楽ユニット「NITRO」として活動。
2000年(平成12年)からはグラビアアイドルを卒業し、マルチタレントとして活動。自然体で明るい性格を生かして番組の司会やコントをこなし、女優としての活動も広げはじめる。
2002年(平成14年)8月、「HiP」メンバーを卒業。
2004年(平成16年)、大河ドラマ『新選組!』でヒロイン役に抜擢され、深雪太夫とお孝(深雪太夫の妹)の1人2役を演じた。
2005年(平成17年)、舞台版『電車男』にエルメス役の声のみで舞台に初出演。
2006年(平成18年)1月7日、主演ホラー映画『輪廻』が公開された。同年1月13日から、
『ぐるぐるナインティナイン』の恒例コーナー「グルメチキンレース・ゴチになります!」で、
2005年(平成17年)の第6回大会で年間最多自腹を払いクビとなった中島知子に替わり、新メンバーとして登場。
女性レギュラーとしては中島に次いで2人目だったが、12月22日放送で最下位に沈み、レギュラーの座を失った。優香本人は「またリベンジしたい」と言っている。
2007年(平成19年)、デビュー10周年を迎えたことを記念し、11月26日発売号の『週刊プレイボーイ』で記念グラビアに登場。同時にオフィシャルページ「優香くらぶ」もリニューアルされた。
2012年(平成24年)、デビュー15周年の年に連続ドラマとしては11年ぶりに「本日は大安なり」で主演、
また12年ぶりに水着ありの写真集「優香グラビア」とダイエットに成功した理由などを書いたボディブックの「優香ボディ」を発売。3月31日、9年間司会をしていた王様のブランチを卒業した[5]。

 

私生活では、NHK木曜時代劇『ちかえもん』での共演を機に交際していた俳優の青木崇高と、
半年の交際期間を経て自身の36歳の誕生日にあたる2016年(平成28年)6月27日に結婚した。
お世話になった野郎は数知れず、今のグラビアアイドルたちでは足元にも及ばない優香のすごさ。一度バラエティで人気が出たときグラビアを封印しましたが、30をすぎてまたエログラビアを復活させるという神対応っぷり。昔お世話になった野郎も新しい野郎をも虜にするそのやわらかすぎる巨乳は健在でした。あのテレビにでずっぱりで水着を一切やらなくなったとき、バラエティでの全然エロくない服装を見て「このエロボディを活かさないのが本当にもったいない、年齢は過ぎていくというのに・・・」と思っていたが、30過ぎてさらにエロい優香が帰ってきたぞ!大人の控えめなグラビアかと思ったら、ターミネーターもびっくりのアイルビーバック感!横乳なんて今後何度お世話になるかわかりません!